CONTACT お問い合わせ

FAQ

  • Q.1 ワインの開栓方法を教えてください

    スティルワイン : スクリューキャップ開栓方法
    • 1. 片方の手でボトルネックのミシン目よりも下の部分を握り、もう一方の手でボトルの底を持ちます。

    • 2. 片方の手をボトルネックに固定したまま、もう一方の手でボトルを時計回りに回します。

    • 3. カチッと音がし、ミシン目が切れたことを確認したら、ボトル上部を押さえていた手でスクリューキャップを回して外します。

    注意

    • ・ソムリエナイフやカッターは使用しないで下さい。
    • ・開栓時にミシン目に手が触れないようにご注意下さい。
    • ・ボトルネック部分の上下を両手で握ると開けにくく怪我の原因にもなります。片手はボトルの底をお持ちください。
    • ・保存状態により、二酸化炭素がワインより分離し、キャップとワインの間に蓄積して圧が高まる場合があります。商品の品質に影響はありませんが、開栓時には人のいる方向へキャップを向けず、ゆっくり開栓してください。

    取扱商品

    スティルワイン : コルク抜栓方法
    • 1. 片方の手でボトルをしっかり押さえながら、もう一方の手でボトルの上方のくびれの部分(でっぱりの下の部分)にソムリエナイフの刃をあて、半周切れ込みを入れます。

    • 2. ソムリエナイフを持ち替え、残りの半周に切れ込みを入れます。

    • 3. 一周切れこみが入ったら、下から上に向かって切れ込みを入れながら持ち上げ、ナイフの刃先でキャップシールを取り除きます。

    • 4. コルクの中央に垂直にスクリューを差込み、ゆっくりと下方にねじ込んで行きます。

    • 5. フックをボトルのふちに引っ掛け、フックが外れないように片手でボトル口とともにしっかり押さえながら、てこの原理で、もう一方の手でハンドル部分を、上方に向けて引き上げていきます。

    • 6. コルクがほぼボトルネックから抜けたら、スクリューが刺さったままのコルクを手のひらで握り、ゆっくりとボトルから引き抜きます。

    取扱商品

    シャンパン含むスパークリングワイン:抜栓方法
    • 1. キャップシールを剥がします。

    • 2. コルクの上から片方の手の親指で栓を押さえながらボトルネックを握り、もう一方の手で口金のワイヤーをねじってゆるめ、そのまま取らずにおきます。

    • 3. 片方の親指で栓を押さえながら、もう一方の手でボトルの下の方をしっかりと抑え、ボトルを斜め45度に傾けて、ゆっくりボトルを時計回りにまわしていきます。

    • 4. 栓がボトル内のガス圧で自然に持ち上がってきたら、少しひねるようにしてガスを逃がし、親指の力で栓を倒してゆっくり開けます。

    注意

    • ・炭酸ガスの圧力で、コルクが勢いよく飛び出す恐れがあります。
    • ・開ける前には充分に冷やして下さい。
    • ・冷やしたボトルの表面が滑りやすくなる場合がありますので、クロスなどで拭いてから抜栓して下さい。
    • ・開ける直前まで口金はゆるめないで下さい。
    • ・瓶口は絶対に他人や自分の顔、あるいは壊れ物に向けないで下さい。

    取扱商品

  • Q.2 ウイスキーの開栓方法を教えてください

    ウイスキー : スクリューキャップ開栓方法
    • 1. キャップシールを剥がします。

    • 2. ボトルを片方の手で持ち、もう一方の手でスクリューキャップを回し、キャップを開けます。

    注意

    開閉時にネック部分のメタルシールで指を切らないようにご注意ください。

    取扱商品

    ウイスキー : コルクキャップ開栓方法
    • 1. ボトルとコルクの摩擦軽減のために、ボトルを傾けて液面をコルク部分に浸します。

    • 2. 片手でボトルを押さえ、コルクキャップをゆっくりとずらすように回し、少しずつ真上に引き上げます。

    注意

    • ・開封時にネック部分のメタルシールで指を切らないようにご注意ください。
    • ・回転時に力を入れ過ぎると、コルク部分が破損する恐れがあります。

    取扱商品

  • Q.3 お酒の賞味期限を教えてください。

    お酒は一般的に長期間保存が可能であるといわれておりますが、保管状況により状態は大きく左右されます。商品の保管については、直射日光や高温多湿などの環境を避けて保管していただくようお願いいたします。
    長期間保管されていた商品については、保管状況により商品の状態が大きく異なります。
    一度味をお試しください。味に変化が無ければ、そのままお飲みいただけます。
    また、開封後の商品は出来るだけ早くお飲みいただくことをお勧めしております。
    お酒は法律上、賞味期限の記載が義務づけられておりません。

  • Q.4 商品を購入したいので、販売店を教えてください。

    お近くの販売店舗をお調べいたしますので、下記内容を電話、もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

    • ■商品名
    • ■容量
    • ■購入希望地域(具体的にご記入ください。)
       例)東京都新宿区
  • Q.5 ペルノ・リカール・ジャパンから直接商品を購入したいのですが。

    誠に恐れ入りますが、一般の消費者様への直接販売は行っておりません。
    お近くの酒販店からご購入いただくようお願いいたします。

    尚、お近くの販売店が不明な場合、販売店舗をお調べいたしますので、下記内容を電話、もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

    • ■商品名
    • ■容量
    • ■購入希望地域(具体的にご記入ください。)
       例)東京都新宿区
  • Q.6 ウイスキーとはどのようなお酒でしょうか。

    一般的にウイスキーとは、大麦やライ麦、トウモロコシなどの穀物を原料とし、糖化させたものを発酵、蒸留させ、木製の樽で熟成させたお酒をいいます。

  • Q.7 ウイスキーボトルの裏ラベルに記載されている年月日は賞味期限なのでしょうか。

    ウイスキーを瓶に詰めた日です。ウイスキーはアルコール度数が高く、一般的に、直射日光や高温多湿などの環境におかず、良好な状態での保存であれば、長い期間に渡ってお楽しみ頂くことが出来ます。長期間保管されていた商品については、一度味をお試しください。味に変化が無ければ、そのままお飲みいただけます。製造日や賞味期限の記載は法律で義務付けられていません。

  • Q.8 シングルモルトウイスキーとブレンデッドウイスキーの違いについて教えてください。

    シングルモルトウイスキーは1つの蒸留所で作られるウイスキーの事を指します。
    対して、ブレンデッドウイスキーは大麦麦芽を原料とするモルトウイスキーと、トウモロコシや小麦などの穀類と麦芽を原料とするグレーンウイスキーをブレンドし、作成されるウイスキーの事を指します。
    数種類から数十種類のシングルモルトウイスキーと、数種類のグレーンウイスキーをブレンドすることにより様々な味わいを作り出しているのです。
    弊社の取り扱い商品では、「ザ・グレンリベット」「ストラスアイラ」「アベラワー」がシングルモルトウイスキー、「シーバスリーガル」「ローヤルサルート」「ジェムソン」がブレンデッドウイスキーに当たります。

  • Q.9 スコッチウイスキーとはどのようなお酒でしょうか。

    スコッチウイスキーはイギリス北部のスコットランドにおいて製造されるウイスキーを指し、大麦麦芽だけを原料にするモルトウイスキー、その他の穀物も原料として許容されるグレーンウイスキー、その2種を混ぜたブレンデッド・ウイスキーに分けられます。その定義は「スコッチ・ウイスキー規則」という法律によって厳しく規定されています。
    弊社取り扱い商品では、シーバスリーガル、ローヤルサルート、ザ・グレンリベット、ストラスアイラ、アベラワーがスコッチウイスキーに当たります。

  • Q.10 アイリッシュウイスキーとはどのようなお酒でしょうか。

    法律上、アイルランド国内で少なくとも3年熟成したものだけがアイリッシュウイスキーとして認められます。弊社取り扱い商品ではジェムソンがアイリッシュウイスキーに当たります。ジェムソン ウイスキーの熟成期間は5~7年で、 さらに3回蒸留することにより、滑らかなテイストを実現しています。 瓶詰めされたウイスキーは、それ以上熟成することはなく、風味やキャラクターが変わることもありません。

  • Q.11 シングルカスクとは何でしょうか。

    シングルカスクとは1つの樽で熟成されたウイスキーで、他の樽で熟成されたものとブレンドすることなくボトリングされたものです。

  • Q.12 マリッジとはどのような意味でしょうか。

    スコッチウイスキーの製造過程でモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした後に、一定期間を大樽で寝かせて融合することを言います。
    弊社取り扱い商品のシーバスリーガルミズナラは製造の最終工程でブレンドの一部を日本原産のオーク材であるミズナラの樽でマリッジした、日本限定の商品でございます。

  • Q.13 ローヤルサルート21年のボトルカラーは3色ありますが、内容は異なるのでしょうか。

    ボトルカラーが異なるのみで、内容は同一のものです。ローヤルサルート21年のボトルカラーである青、赤、緑は、各々エリザベス2世の王冠に装飾されているサファイア、ルビー、エメラルドを象徴しています。

  • Q.14 ワインにはどのような種類があるのでしょうか。

    原材料や製造方法により、大きく下記の4種類に分類することができます。

    ①スティルワイン
    ぶどう果汁を発酵させた際に発生する炭酸ガスを除いた、発泡性の無いワイン。一般的にワインと言えばスティルワインを指します。弊社取り扱い商品では、ジェイコブス・クリークのスティルレンジ、ジョージ・ウィンダム、ブランコット・エステート、カンポ・ヴィエホが挙げられます。

    ②スパークリングワイン
    発泡性のワインの総称。
    シャンパンもスパークリングワインの一種ですが、フランスのシャンパーニュ地方で造られ、かつ、フランスのワインの法律(原産地呼称管理法)に規定された条件を満たしたもののみ名乗ることができる名称です。
    一般的にスパークリングワインと呼ばれるものとシャンパンには、味わいにも違いがあります。
    ぶどうを発酵させ熟成させたシャンパンは、こくのある味わい。高価なこともあり、お祝いごとなど、特別な席で飲まれることが多いようです。
    一方、スパークリングワインは、果実味溢れるみずみずしさが特徴。リーズナブルなものが多く、ふだんの食事と一緒に、気軽に楽しめるのも魅力です。食事中はもちろん、食前酒として、また、食後のデザートと一緒になど、幅広く活躍します。

    弊社取り扱い商品は下記の通りです。

    • スパークリングワイン:カフェ・ド・パリ、ジェイコブス・クリーク
    • シャンパン:ペリエ ジュエ、マム

    ③フレーヴァードワイン
    スティルワインに薬草や香辛料、果汁、甘味料などを加え、風味をつけたワイン。代表的なお酒として、ベルモットやサングリアがよく知られています。

  • Q.15 スパークリングワインの製造方法について教えてください。

    スパークリングワインの製造方法は、大きく下記の3種類に分類することができます。

    (1)トラディショナル方式
    瓶内で第二次発酵を起こさせる方式。シャンパン方式ともいわれます。スティルワインを瓶に詰めた後、糖分と酵母を加え、密閉する。
    弊社取り扱い商品では、ペリエ ジュエ、マムが挙げられます。

    (2)シャルマー方式
    大きなタンクを密閉し、タンク内で第二次発酵を起こさせる方式。
    ブドウのアロマを残したい発泡性ワインや、短期間に大量に製造できることが特徴。
    弊社取り扱い商品では、カフェ・ド・パリが挙げられます。

    (3)トランスファー方式
    瓶内二次発酵させ、二酸化炭素が含有されたワインを、加圧したタンクに移し、冷却、ろ過した後、新しい瓶に詰め替える方式。

    弊社取扱商品のジェイコブス・クリークは商品の種類により製造方法が異なり、シャルマー方式、トランスファー方式で製造されております。

  • Q.16 スティルワインなのに泡を感じます。

    ワインの発酵過程(酵母がぶどう果汁の糖分を食べることでアルコールと二酸化炭素が発生する過程)で、二酸化炭素のほとんどは空気中に発散してしまいますが、生産まもないワインは液中に微量の二酸化炭素が溶け込む場合があり、直後に瓶詰めされた場合に微発泡であることがございます。飲用に適さないということではなく、発酵途上の極めて自然な状態です。気になる場合は、抜栓後しばらく空気に触れさせてから飲むとよいでしょう。

  • Q.17 スクリューキャップにはどのような特徴がありますか?

    スクリューキャップは、コルク以上に密閉性に優れ、また瓶内の空気の循環を適切に調整できるため、ワインの熟成にも優れ、近年多くのワインメーカーが採用しています。スクリューキャップを使用することにより、コルク臭ダメージがなくなり、ワインの果実味豊かな味わいを、確実に味わっていただくことができるようになりました。

  • Q.18 カフェ・ド・パリで使用されているブドウ品種を教えてください。

    ベースとなるスパークリングワインには、以下の6種類のぶどうを使用しております。
    使用品種:シャルドネ、シュナン・ブラン、ソーヴィニョン・ブラン、セミヨン、ユニ・ブラン、コロンバール

  • Q.19 シャンパンの保存方法を教えてください。

    ボトルは横置きで保管してください。これは、コルクに液体が確実に触れている状態を維持するためです。このような置き方をしない場合、残念ながらワインの品質に影響が生じるおそれがあります。ヴィンテージシャンパンについては、12℃から15℃の一定温度が保たれている暗所での保管をおすすめします。

  • Q.20 シャンパンを注ぐ理想的な温度を教えてください。

    温度が低すぎると(6℃未満)、泡立ちが少なく、フレーバーが変わり、しびれたような風味になることもあります。反対に、温度が高すぎると(14℃超)、泡立ちが多く、ボトルが開けにくくなり、シャンパンの繊細なフレーバーを消してしまいます。シャンパンの最適な味わい、ストラクチャー、アロマを楽しむには、8℃ちょうどでのサーブがベストです。

  • Q.21 G.H.マムのG.H.は何の略でしょうか。

    1827年、ドイツの由緒あるワイン商マム一族によって、シャンパーニュ地方の中心ランスで創業された名門メゾン。その創業者の孫にあたるジョルジュ・エルマン・マムのイニシャルがG.H.マムの由来です。 彼の掲げた「Only the Best ~最高のシャンパンだけを~」という理念は、現在も大切に受け継がれています。 1875年にフランスの栄光を世界に広めた人物に与えられるフランス最高の勲章、レジオン・ドヌールを受けたジョルジュ・エルマン・マムが、あるパーティで招待客に敬意を表するため、ボトルの1本1本に勲章の印として身につける赤いリボンをまとわせたのが「G.H.マム コルドン ルージュ」のはじまりです。

  • Q.22 ペルノとペルノアブサンの違いを教えてください。

    1805年に誕生し、食前酒としてパリで大流行した「ペルノ アブサン」。ピカソ、ゴッホ、ロートレックなどのアーティストをはじめとした様々な人々に愛された「緑の妖精」として知られるスピリッツです。ニガヨモギ、レモンバーム、ヒソップ、スターアニス、フェンネルその他の植物を原料として作られています。アブサンはアメリカでも多くの人を魅了し、その人気はとどまること知らず、ついに製造が需要に追いつかない状態に陥りました。その結果、混ぜ物をし品質の劣る安い模造品が出回り、“人々を狂わせるアルコール”として1915年にアブサンの製造と引用が禁止されることになったのです。
    ペルノはアブサンの製造禁止を受けて、アブサンの色、香り、爽やかな飲み口をそのまま再現したアニスリキュールです。
    2011年、フランスでの法改正を受け、オリジナルの製法によるアブサンの製造が再び可能となり、製造禁止からおよそ1世紀を経て、伝説のレシピが復活しました。

  • Q.23 パスティスについて教えてください。

    パスティスはリコリス(甘草)を原料としたアニス酒のことで、その定義はEUの規定で定められています。弊社取り扱い商品ではリカールがパスティスに当たります。
    尚、弊社取り扱い商品のペルノは成分、風味が類似しておりますが、パスティスではございません。ペルノはEU規定ではパスティスではなくアニス酒と定義されています。

  • Q.24 コルク栓を抜くときに瓶の中にコルクのかけらが入ってしまいました。飲んでも大丈夫でしょうか。

    コルク栓を抜くときに入ってしまったコルクのかけらは、取り除いてからお召し上がりください。
    コルクは人体に害を及ぼすことはございません。