CSR 企業の社会的責任

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

ペルノ・リカールグループは、お酒を取り扱う企業として、社会的責任を果たすべく、世界各国で活動しています。

アルコール関連問題に対する取り組み

ペルノ・リカールは、酒類を取り扱う企業の社会的責任を果たすため、アルコールの過剰摂取や不適切な飲酒の防止に取り組んでいます。日本では以下の取り組みを展開しています。

  • 未成年飲酒防止の取り組み

    公益財団法人日本学校保健会の賛助会員として、学校における飲酒防止教育を支援しています。

    詳細を見る

    不適切な飲酒から若者を守る

    「20歳未満の飲酒」、「イッキ飲み」を防止するために、大学生を対象に注意喚起のキャンペーンを展開しています。

    詳細を見る

  • 「ごち会」の推進

    とっておきのごちそうと、美味しいお酒をゆっくり楽しむ「ごちそう+飲み物2杯」のお食事コース。それが「ごち会」です。ペルノ・リカール・ジャパンは学生団体「想食系幹事」の提唱する「ごち会」に賛同し、応援しています。

    詳細を見る

    飲酒運転撲滅を目指して

    お酒を取り扱う会社の責任として、飲酒運転撲滅を目指す大阪・福岡を中心としたプロジェクトをサポートしています。

    詳細を見る

  • 妊娠中・授乳期の方に対する
    注意喚起

    妊産婦の飲酒は胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。妊産婦の方へアルコール摂取のリスクをご説明し、ご理解いただくよう努めています。

    詳細を見る

    責任あるマーケティング活動

    ペルノ・リカールグループでは「コマーシャル・コミュニケーション基準」を内部規範として全世界で展開する広告すべてに適用しています。

    詳細を見る

  • 社員として責任ある行動

    ペルノ・リカール・グループの全社員が企業の社会的責任について考え、行動する日としてResponsib' ALL Day(レスポンシボールデイ)を制定しています。

    詳細を見る

地球環境の保護

プレミアムブランドは、環境倫理なくして存在できません。ペルノ・リカールは毎年、企業活動による環境への影響を低減しています。環境との結びつきを認識 し、持続可能な農業、水資源の保護、二酸化炭素放出量の削減、環境にやさしいパッケージのリサイクルを促進する多くの活動を展開しています。アイルランド では、ミドルトン蒸留所が機械式蒸気圧縮システムに400万ユーロを投資し、それにより年間3万7000MWh近い電力を削減しています。オーストラリア では、ブドウ園の点滴灌漑ですべての廃水を処理後に再利用することで、9000万Lの水を節約しています。

地域社会の発展への貢献

文化支援活動や若き企業家の支援を通して、地域社会の発展に貢献することを目指しています。文化支援では現代美術に重点が置かれています。1997年以来、パリのポンピドゥー・センターを後援し、収蔵作品をデジタル化するプロジェクトに関わっています。ニューヨークのニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート、ロンドンのサーチ・ギャラリー、ビルバオのグッゲンハイム美術館のパートナー企業でもあります。
また、ペルノ・リカール グループでは、社員ひとりひとりが起業家精神を持ち、自発的に創造性を発揮していく事が望まれています。ここで言う「企業家精神」とは、クリエイティブな視点で先見の明を持つこと、自らの目標のため、さらには社会全体のために、イニシアチブを取り、チャンスをつかみ取り、価値を生み出すことを意味します。ペルノ・リカールはこの「企業家精神」を、グループの大切なコア・バリューのひとつとして、社内のみならず社外でも広く支援するべく、世界で様々な取り組みを展開しています。
その一例として日本では、グループのブランドの一つであるシーバスリーガルが、優秀な若き経営者を発掘・支援する目的で2012年に「シーバスブラザーズ・ヤングアントレプレナー基金」を雑誌「GOETHE」の協力のもと設立。起業や既存ビジネスのさらなる発展を目指す、有望かつ若いビジネスパーソンをサポートしています。