CSR 企業の社会的責任

ETHICAL MARKETING

ペルノ・リカールグループでは「コマーシャル・コミュニケーション基準」を内部規範として全世界で展開する広告すべてに適用しています。

ペルノ・リカールグループは2007年に「コマーシャル・コミュニケーション基準」を策定しました。ペルノ・リカール・ジャパンのマーケティングチームは日本の酒類業界の自主基準である「酒類の広告・宣伝および酒類容器の表示に関する自主基準」と合わせて、この内部規範を遵守し、商品の広告・宣伝活動を行っています。アルコールの過剰摂取や無責任な摂取は、個人的にも、社会的にも、また健康の上でも好ましくない結果を招きかねません。
この基準の目的は、ペルノ・リカールグループのコマーシャルメッセージにおいて、アルコールの過剰摂取や乱用を決して助長したり容認したりしないようにすることにあります。

コマーシャル・コミュニケーションとは

「コマーシャル・コミュニケーション」とは、媒体を問わず(印刷媒体、放送媒体、ラベル、パッケージ、インターネット、新技術、スポンサーシップなど)、消費者を対象としたブランド広告またはマーケティングコミュニケーションのことで、消費者・販売店対象の販売促進、関連グッズ、POPも含 まれます。
※「コマーシャル・コミュニケーション」には、非広告素材や、社会的な問題(例えば、飲酒のリスクやメリット)に関してグループがニュースメディア、政府機関、または一般向けに発信するメッセージは含まれません。また責任ある飲酒や社会におけるアルコール飲料の役割などに関する啓蒙メッセージも含まれません。

ペルノ・リカールグループのコマーシャル・コミュニケーションは以下の要件を満たすものとします。

  • ・適法で、社会通念に合致しており、正直で、真実を伝えるものであり、なおかつ一般に認められた公正な競争の原則および公正な商慣行に従っていること。
  • ・社会的責任を十分に意識して作成され、なおかつ公平と誠実の原則に基づいていること。
  • ・倫理にもとるところが一切なく、人間の尊厳と誠実さを損なわないこと。

当基準には、飲酒と不適切な状況を結びつけることを禁じる条項も含まれます。不適切な状況とは、車の運転、危険な行為、身体能力、社会的成功、性的成功、健康増進効果、未成年などです。またデジタルメディアの仕様に関する詳細なガイドラインも設定しており、適切な製品革新を実現するための要件も含まれています。ペルノ・リカール経営執行委員会の下に設置された「責任あるマーケティングパネル」が、グループが実施するコマーシャル・コミュニケーションの全てがこの基準を満たすようチェック機能を果たしています。