CSRトップへ

NO IKKI!NO UNDER AGE DRINKING!20歳未満の飲酒、イッキ飲み厳禁

イッキは、命にかかわる飲ませ方です。

お酒は気持ちをほぐし、仲間との楽しい時間を過ごせるツールとなりえますが、飲み過ぎには様々な危険性もあります。

  • 20歳未満の飲酒、イッキ飲み・飲み過ぎの危険性 詳しくはこちら
  • お酒を楽しむためのヒント 詳しくはこちら
  • 公式Facebookページについて 詳しくはこちら

20歳未満の飲酒、イッキ飲み・飲み過ぎの危険性

20歳未満の飲酒

未成年はアルコール分解能力が未発達である上に、さまざまな臓器が発達過程のため、成人に比べて飲酒のリスクがずっと大きいのです。
特に脳、性腺、骨への影響が大きく、記憶・判断力の低下、生理不順・不妊、成長障害などを引き起こす危険性があります。20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

イッキ飲み・飲み過ぎ

短時間のうちの大量のアルコールを摂取すると、脳のマヒが一気に進み、最悪の場合、死に至ります。

データでみる急性アルコール中毒の危険

  • ・急性アルコール中毒による救急車搬送は、2009年に東京と大阪で合わせて15,000件以上が報告されている*。
  • ・1983年から2012年において、確認されているだけでも139人もの命がイッキ飲みを含む急性アルコール中毒によって奪われている*。

出典:イッキ飲み防止連絡協議会

友達を失くしてからでは遅いのです。
飲み過ぎの危険性をよく理解し、適量(ほろ酔いの範囲)を守りましょう。

ペルノ・リカール・ジャパンでは、お酒を取り扱う会社の責任者として、
20歳未満の飲酒とイッキ飲みの撲滅に積極的に取り組んでいます。

ページの先頭へ

お酒を楽しむためのヒント

お酒を楽しむ上で注意点

  • 01.お酒を飲む前に

    (1)何か食べておく
    空腹状態でたくさんのお酒を飲むと、胃腸を強く刺激し、粘膜を荒らしてしまいます。また、胃腸に何もない状態ではアルコールが吸収されやすいため、急激に血液中のアルコール濃度が上がり、飲酒リスクが高まります。
    (2)飲み会主催者の責任!
    飲めない人のために、ソフトドリンクの用意を。吐けば大丈夫という考えは、大変危険。吐くことを前提とした飲み会の企画はやめましょう。
    (3)車で飲み会に行かない
    飲酒運転は惨事を招きます。電車、タクシー、徒歩、または友人宅に泊まれるか、など安全に帰れる方法をあらかじめ考えておきましょう。飲酒をした後は、車の運転はもちろん、自転車の運転も法律で禁止されています。
    (4)こんな人は飲まないで!
    未成年の人、妊娠・授乳中の人はイッキ飲みはもちろん、飲酒そのものが厳禁です!また薬を飲んでいる人、肝臓疾患・糖尿病・心臓病・高血圧の人の飲酒も危険を伴います。必ず医師の指示に従ってください。
  • 02.飲み会の最中は

    (1)イッキ厳禁!
    短時間に大量のアルコールを摂取すると、体内でのアルコールの処理が間に合わなくなり、急性アルコール中毒になってしまいます。さらに、イッキ飲みを強要したり、はやしたてるだけでも、刑事・民事責任を問われることがあります。
    (2)無理に飲ませない!
    特定非営利活動法人アスク(アルコール薬物問題全国市民協会)によれば、実は、日本人の約4割は、生まれつき「飲めない族」、つまりアルコールをまったく受けつけないか、少量飲めても悪酔いしやすい体質なのです。お酒が全く飲めない人は、ビール1杯で動悸がし、失神することも。このタイプの人に無理にお酒をすすめるのは拷問と同じです。
    (3)ちゃんぽん飲み厳禁!
    ビール→ワイン→焼酎など複数の種類のお酒を飲むと飲んだ量がわからず、つい飲み過ぎてしまい危険です。お水を飲みながら、少ない種類をゆっくり楽しみましょう。
    (4)酔った人を「つぶれ部屋」に放り込まない
    泥酔した人を1人にすると何が起きるかわかりません。『息苦しそう』『全身が冷たい』『大イビキをかいている』『つねっても反応しない』などの危険信号を見逃さないためにも、しらふの人がそばにいてあげましょう。
  • 03.お酒を飲んだ後は

    (1)お風呂に入らない!
    「お風呂に入ると酔いが醒める」というのは大間違い。酔ってお風呂に入ると、心臓に負担がかかるだけでなく、たった水深50センチで溺死することも!
    (2)スポーツをしない!
    海岸でアルコールを飲んでの水泳は、心臓麻痺やバランス感覚の麻痺による死につながります。また飲酒後のスキーは、反射神経や判断力の低下による事故を引き起こす可能性を高め、自分も他人も危険にさらします。
    (3)酔った人が吐く場合は要注意!
    酔いつぶれた人を抱き起こして、ムリに吐かせるのはとても危険です。吐いたものが逆流してノドに詰まり、窒息することも。窒息が原因で死亡する人は意外と多いのです。寝かせる時は、あお向けではなく、横向きに。吐物が自然に口から出て、窒息を防ぐことができます。
    (4)おかしいと思ったら、ためらわず救急車を!
    耳元で名前を呼んだり、つねったり身体をゆすったりしても反応がなかったら、昏睡状態です。「事を大きくしたくない」などの体面を気にしている場合ではありません。すぐに救急車を呼び、車が来るまでの間も、酔った人を一人にしないよう必ず誰かが付き添ってください。

監修
公益社団法人アルコール健康医学協会
武庫川女子大学・薬学部・健康生命薬科学科 ゲノム機能解析学講座 木下健司教授

出所
ペルノ・リカール・ジャパン制作・特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)監修「NO IKKI!」リーフレットより

ページの先頭へ

NO IKKI!公式Facebookページ

NO IKKI!キャンペーンのイベント告知やお酒を飲む上で知っておいて欲しい豆知識を日々発信しています。
ペルノ・リカール・ジャパン社内の様子や、お酒を正しく楽しむための素敵なオリジナルおつまみレシピも紹介しています。

ページの先頭へ

CSRトップへ