NEWS

2017.09.05

WHISKY

JAMESONからクラフトビール好きのためのウイスキー
ジェムソン カスクメイツが日本上陸

スタウトビールの熟成樽でフィニッシュした、リッチで複雑な味わい

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:ティム・ペック)が展開するアイリッシュウイスキー「JAMESON(ジェムソン)」では、ブランド初の試みとしてスタウトビールの熟成樽でフィニッシュ(後熟)した新商品『ジェムソン カスクメイツ』を2017年9月4日(月)から新発売いたします。

『ジェムソン カスクメイツ』は、ジェムソン ミドルトン蒸留所があるアイルランドのコークで人気のマイクロブルワリー「Franciscan Well(フランシスカン・ウェル)」との革新的なコラボレーションによって誕生したウイスキーです。ウイスキーの味わいの要となる熟成樽。このユニークなウイスキーは、「JAMESON」ウイスキーの熟成に使用した樽で「Franciscan Well」のアイリッシュスタウトを熟成してバレルエイジドビールを造り、そのビール熟成樽を再び蒸留所に戻して「JAMESON」ウイスキーのフィニッシュに使用。ビール熟成樽由来の新しい味わいを造り出しました。

『ジェムソン カスクメイツ』は、「JAMESON」特有の3回蒸留によるなめらかさはそのままに、スタウトビールの熟成樽でフィニッシュすることで、カカオやコーヒー、バタースコッチ、微かなホップなどのフレーバーが加わった、リッチで複雑な味わいです。

世界的なクラフトビールブームにも支えられ、『ジェムソン カスクメイツ』は2015年のアメリカやカナダなど9カ国での先行発売以降、大変好調な売れ行きで、現在は50を越える国と地域で販売されています。アイルランド発祥のエールビールであるスタウトを熟成した樽でフィニッシュした『ジェムソン カスクメイツ』は、ウイスキードリンカーにもクラフトビールドリンカーにもおすすめの商品です。ぜひ、ビールとウイスキー造りに欠かせない樽(カスク)を共用するコラボレーション(メイツ – 仲間)から産まれる、「JAMESON」の新しい味わいをお試しください。

ジェムソン カスクメイツ
発売日:2017年9月4日(月)
希望小売価格:2,500円(税別)
容量:700ml
アルコール度数:40度

ジェムソン カスクメイツ 誕生ストーリー

すべてはアイルランド、コークのとあるパブでの会話が物語の始まりです。

コークにあるジェムソン ミドルトン蒸留所のマスターの一人であるDave Quinn(デイブ・クイン)と、同じくコークでこだわりのクラフトビールを造っていたマイクロブルワリー 「Franciscan Well」の創業者であったShane Long(シェイン・ロング)は、ひょんなことから「何か一緒に面白いことやろうよ!」という話になりコラボレーションがスタートしました。

まず、ジェムソンの熟成に使用した樽を使用し、「Franciscan Well」のアイリッシュスタウトを熟成します。結果に半信半疑であった彼らの予想を裏切り、その出来栄えは素晴らしいものでした。事実、このジェムソン樽熟成スタウトはインターナショナルビアチャレンジで金賞を受賞しています。

そして、そのスタウト樽をジェムソン ミドルトン蒸留所に戻し、ジェムソンをフィニッシュ(後熟)し、リッチで複雑な味わいが特徴の 『ジェムソン カスクメイツ』 が誕生しました。

『ジェムソン カスクメイツ』商品特長

アイルランドのマイクロブルワリーとの革新的なコラボレーションで誕生
コラボレートパートナーの「Franciscan Well」は、数多くの国際的栄誉に輝くこだわりのクラフトビールブルワリーです。

ブランド初の試みとして、“スタウトビール”の熟成樽でフィニッシュ
「JAMESON」ウイスキーを熟成させた樽で、アイルランド発祥の“スタウトビール”を熟成。そのビール熟成後の樽を、「JAMESON」のフィニッシュで使用。

ビール樽由来の新しい味わい
「JAMESON」特有の3回蒸留によるなめらかさはそのままに、スタウトビールの熟成樽でフィニッシュすることで、カカオやコーヒー、バタースコッチ、微かなホップなどのフレーバーが加わった、リッチで複雑な味わい。

【テイスティングノート】
香り
刈り取られたばかりの干し草のような香りが最初にたち、ライムゼスト、新鮮な果実の香り、青りんごや梨などに続きます。マイルドなポットスチル由来のスパイスが現れ、緑茶からヘーゼルナッツやミルクチョコレートへと深まっていきます。それを微かなホップのフレーバー、トーストされたオークや大麦の香りが支えます。

味わい
ポットスチルウイスキーの特徴である甘みと、スタウト樽フィニッシュに由来する微かなホップとカカオの風味が重なり合います。さらにマジパンや焦がされたオーク樽のフレーバーが加わった複雑な味わい。

フィニッシュ
ミルクチョコレートやバタースコッチの甘味が感じられる長い余韻。

【おすすめの飲み方】
Simple Serve
ストレートやロックで、ウイスキーそのものの味わいを愉しむ。

Beer Pairing
スタウト樽でフィニッシュした『ジェムソン カスクメイツ』はクラフトビールとの相性も抜群。おすすめはスタウト、IPA、白ビール。

Cocktail
ビアカクテルはもちろん、ショートからロングまで、カクテルベースとしてもおすすめ。

JAMESON(ジェムソン)について

18世紀のアイルランドはウイスキー発祥の地として知られ、ダブリンのウイスキーは世界最高と見なされていました。スコットランド人のジョン・ジェムソンがアイルランドへ渡り、偉大なアイルランドの伝統を受け継いで、「JAMESON」を完成させました。ピートを使わず密閉炉でじっくりと乾燥させた大麦を原料とし、3回蒸留によって造られる「JAMESON」の豊かな香味とスムースな味わいは、No.1アイリッシュウイスキーとして世界中で愛されています。

日本では、フラッグシップの「ジェムソン スタンダード」と「ジェムソン ブラック・バレル」に新登場の「ジェムソン カスクメイツ」が加わり、全4アイテム展開となります。

https://www.jamesonwhiskey.com/jp/ourwhiskeys

関連ニュース