NEWS

2018.07.06

WINE

カフェ・ド・パリがより洗練されたパッケージにリニューアルして新登場

2018年8月下旬より順次出荷開始いたします

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:ティム ペック)が展開するフランス産スパークリングワイン「カフェ・ド・パリ」では、豊富なフルーツフレーバーが魅力の「カフェ・ド・パリ」を、プレミアム感を高め、モダンで洗練されたパッケージにリニューアルいたします。リニューアル対象商品は750ml(8種)・200ml(6種)、新パッケージのボトルは8月下旬より順次出荷開始予定です。
「カフェ・ド・パリ」の新パッケージは、フロントラベルに優雅で大人の印象を与える、幾重にも重なる金色のサークルを描き、またネックフォイルにも、ゴールドラインを配して高級感を演出しています。

「カフェ・ド・パリ」について

「カフェ・ド・パリ」は、フランスを代表する酒類メーカー「ペルノ社」が、1967年にワインの銘醸地フランス・ボルドーで生み出した、豊富なフルーツフレーバーが特長のスパークリングワインです。

夏から秋にかけて気候が良好で気温が高く、ワイン造りに恵まれた自然環境によって十分に熟した6種のブドウを使用して造られています。滑らかで優しい泡立ちと、香り豊かなフレーバーによるほどよい甘さと酸味のバランスが特徴です。

「カフェ・ド・パリ」新パッケージリニューアルポイント

・ゴールドラインを配し、高級感を高めたネックフォイル

洗練された印象を高める、繊細なゴールドのラインをボトルネックに配しました。

・モダンでフレッシュなデザインのフロントラベル

フロントラベルには、幾重にも重なる金色のサークルを描き、ネックフォイル同様、優雅で大人の印象を与えるデザインです。

・カテゴリーが一目でわかるブランドロゴ

ブランドロゴに「SPARKLING WINE」の表記を加え、スパークリングワインであることを強調しています。

「カフェ・ド・パリ」展開フレーバーラインナップ

定番商品として750mlのフルボトル8フレーバー、200mlのミニボトル6フレーバーをラインナップしているほか、数量限定品を展開しています。

カフェ・ド・パリ / 容量:750ml  

価格:オープン価格
左から、サクランボ、グリーンアップル、ピーチ、マスカット、グレープフルーツ、ライチ、ストロベリー、レモン

カフェ・ド・パリ / 容量:200ml 

価格:オープン価格
左から、サクランボ、グリーンアップル、ピーチ、マスカット、グレープフルーツ、ライチ

お問い合わせ

本件をご掲載いただく際のお問合せ先
ペルノ・リカール・ジャパン株式会社
TEL 03-5802-2671
http://www.cafedeparis.jp

関連ニュース