NEWS

2022.05.30

WHISKY

『シーバスリーガル エクストラ 13年 オロロソ シェリーカスク』
Eコマースチャネル限定で6月13日(月)から発売

芳醇でまろやかなハウススタイルに、さらなる個性を加えた逸品

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:ノジェム・フアド)が展開するブレンデッドスコッチウイスキー「シーバスリーガル」は、6月13日(月)から『シーバスリーガル エクストラ 13年 オロロソ シェリーカスク』をEコマースチャネル限定商品として発売(※)します。

『シーバスリーガル エクストラ 13年』は、ウイスキーブレンディングの先駆者であるシーバス兄弟の偉業に裏打ちされた、ブランドのハウススタイルとも言える芳醇でまろやかな味わいに、さらなる個性を加えた特別なコレクションです。本コレクションの軸となる「13年熟成」は、シーバス・ブラザーズ社創業の地であるスコットランドの都市アバディーンの「キングストリート13番地」に由来しており、この地でシーバス兄弟が高級食料品店の経営からスタートしたブランドの歴史へのオマージュです。さらに、世界中のさまざまなタイプの樽で原酒の一部を熟成させることにより、「シーバスリーガル」のブレンドにユニークな特徴を加え、新しい味わいを生み出しています。

本コレクションから日本に登場する『シーバスリーガル エクストラ 13年 オロロソ シェリーカスク』は、13年熟成の原酒の一部をオロロソシェリー樽で熟成させた逸品です。芳醇でまろやかな「シーバスリーガル」の味わいはそのままに、熟した甘い梨、バニラ、カラメル、シナモンやアーモンドを想わせるリッチな香りと味わいが広がります。シンプルなソーダ割りやオン・ザ・ロックに加えて、カクテルでもお愉しみいただけます。

また、本品のパッケージデザインは、著名なストリートアーティストのグレッグ・ゴセルが手がけています。シェリー樽の故郷であるスペインからインスパイアされたカラフルな色合いで、商品にさらなる彩りを添えています。

海外市場で人気を博している『シーバスリーガル エクストラ 13年 オロロソ シェリーカスク』がついに日本登場となります。ぜひこの機会に、「シーバスリーガル」のハウススタイルにオロロソシェリー樽の個性を加えたリッチな味わいをお愉しみください。

(※) 6月13日(月)から弊社出荷開始。お取扱い開始日は各お取扱い企業様によって異なります。

「シーバスリーガル エクストラ 13年 オロロソ シェリーカスク」商品概要

シーバスリーガル エクストラ 13年
オロロソ シェリーカスク


・Eコマースチャネル限定商品

・発売時期:2022年6月13日(月)から弊社出荷開始

・オープン価格/参考小売価格:5,170円(税込)

・アルコール度数:40度

・容量:700ml

[URL]https://www.chivas.com/ja-JP

【特長】
■13年熟成

ブランドの旗艦商品である「シーバスリーガル 12年」よりも1年長い、文字通り“エクストラ”な熟成年数。
「13年熟成」は、シーバス・ブラザーズ社創業の地であるスコットランドの都市アバディーンの「キングストリート13番地」に由来する、ブランドの歴史へのオマージュです。

■オロロソシェリー樽で原酒の一部を熟成
13年熟成の原酒の一部をオロロソシェリー樽で熟成することにより、芳醇でまろやかな「シーバスリーガル」の味わいに、オロロソシェリー樽の特徴が加わり、新たな味わいを生み出しています。

[テイスティングノート]
シロップ漬けの熟した甘い梨、バニラ、カラメル、シナモンのスイーツやアーモンドを想わせるリッチな香りと味わい。

■独特なパッケージデザイン
著名なストリートアーティストであるGreg Gossel(グレッグ・ゴセル)が手がけたアートワークは、シェリー樽の故郷であるスペインからインスパイアされています。スペイン国旗を想わせる鮮やかな赤と黄色を基調に、「シーバスリーガル」の歴史やシェリー酒製造などのモチーフを用いて文化の融合をデザインで表現しています。

おすすめカクテル

シンプルなソーダ割りやオン・ザ・ロックに加えて、カクテルでもお愉しみいただけます。

◆エクストサングリア
[材料]
・「シーバスリーガル エクストラ 13年 オロロソ シェリーカスク」 30ml
・スペインの赤ワイン「カンポ・ヴィエホ リオハ」 20ml
・レモンジュース 20ml
・シンプルシロップ 20ml
・ソーダ水 60ml
・ガーニッシュ:オレンジスライス

[作り方]
ソーダ水以外の材料をハイボールグラスでビルド。
ソーダ水30mlを入れてから、氷を入れ、残りのソーダ水を入れて、バースプーンで軽く混ぜる。オレンジスライスでガーニッシュ。

◆チャンセラー
[材料]
・「シーバスリーガル エクストラ 13年 オロロソ シェリーカスク」 50ml
・スウィートベルガモット 12.5ml
・ポートワイン 25ml
・アンゴスチュラビターズ 2ダッシュ

[作り方]
全ての材料を氷とミキシンググラスで混ぜる。クープグラスに注いで完成。

「シーバスリーガル」について

ブレンデッドスコッチウイスキー「シーバスリーガル」は、シーバス・ブラザーズ社のフラッグシップ・ブランドです。
日本では、新パッケージとなる「シーバスリーガル 12年」をはじめ、「シーバスリーガル ミズナラ12年」、「シーバスリーガル18年」、「シーバスリーガル18年 ミズナラ カスク フィニッシュ」、「シーバスリーガル アルティス」、「シーバスリーガル 25年」、「シーバスリーガル アイコン」の7アイテムを展開しています。

「シーバスリーガル」のキーモルトとなる豊かでまろやかなシングルモルトは、1786年創業のハイランド地方キースに現存する最古の蒸留所、「ストラスアイラ蒸留所」で造られています。ここで生まれるモルトウイスキーは、スペイサイド特有のフルーティでフローラルな香りと、樽熟成由来のナッティーでドライな味わいが特徴で、「シーバスリーガル」のリッチでまろやかな味わいに貢献しています。

[WEB]https://www.chivas.com/ja-JP
[Twitter]@ChivasRegalJP
[Instagram]@chivasregaljp
[Facebook]https://www.facebook.com/ChivasRegalJapan
[Hashtag]#シーバスリーガル

ブランドの歴史

ジェームスとジョンのシーバス兄弟はシーバス・ブラザーズ社を立ち上げ、スコットランドの都市アバディーンで1801年に設立された高級食料品店の事業を引き継ぎました。1840年代にモルトとグレーンウイスキーを一つの樽で貯蔵する新しい試みで優れたブレンディング技術を確立し、ウイスキーに滑らかさと調和をもたらしました。
「シーバスリーガル」はこの伝統を受け継ぎながら、ブレンデッドスコッチウイスキーを象徴するグローバルブランドとして躍進し、今も革新を続けています。

写真左:シーバス兄弟/写真右:アバディーンのシーバス・ブラザーズ社

ペルノ・リカールについて

ペルノ・リカールは世界第2位のワイン&スピリッツメーカー(注1)であり、スピリッツとワインの世界市場におけるリーディングカンパニーです。2020/21年度の連結売上88億2400万ユーロでした。1975年にリカールとペルノの合併により設立された後、ペルノ・リカール・グループは実質的成長に加え、シーグラム(2001年)、アライド・ドメック(2005年)、ヴィン&スプリト(2008年)などの買収を経て、現在に至ります。ペルノ・リカールは、アブソルートウオッカ、リカール(パスティス)、バランタイン、シーバスリーガル、ローヤルサルート、ザ・グレンリベット(スコッチウイスキー)、ジェムソン(アイリッシュウイスキー)、マーテル(コニャック)、ハバナクラブ(ラム)、季の美 京都ドライジン、ビーフィーター(ジン)、マリブ(リキュール)、メゾン マム、ペリエ ジュエ(シャンパン)、ジェイコブス・クリーク、ブランコット・エステート、カンポ・ヴィエホ、ケンウッド・ヴィンヤーズ(ワイン)など、世界のトップ100スピリッツブランドのうち16(注2)を含む業界内でも特に有名なブランドを数多く保有しております。

注1.IWSR 2020年による 注2.IWSR 2020年による

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社について

ペルノ・リカール・ジャパンは、ペルノ・リカール・アジア S.A.S.の100%子会社として、1990年に設立されました。以来、国内の酒類販売店、及び免税市場において、グループ商品を中心とした酒類の販売を展開、国内市場および免税市場でのアルコール飲料販売においてめざましい発展を遂げてきました。設立から31年を経た現在、ペルノ・リカール・ジャパンは、スピリッツ&ワイン分野において傑出したポートフォリオを保有し、国内のリーディングカンパニーとして発展を続けています。

お問い合わせ

【メディア掲載時に表記いただく商品に関するお問い合わせ】
シーバスリーガル / ペルノ・リカール・ジャパン株式会社
[TEL]03-5802-2756
[WEB]https://www.chivas.com/ja-JP

【報道関係者様からのお問い合わせ】
PR代理:(株)杉山PR&プランニング 担当/ 田岸麻子
[TEL]03-5468-7791
[Email]asako@sugiyama-pr.co.jp

関連ニュース